スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お守りを返しに行ってきた

まずは本日、京都、四条通りの一件で亡くなられた方達に心よりご冥福をお祈りします。

色んな意見が飛び交う中、実際に現場にいた自分達にはこれ以外の言葉が見つからない。


今日は嫁は実家にいました。
以前、母親が自分の不注意で骨折したので色々めんどうをみている日なんです。

すると朝から

 嫁「実家に眠ってるお守りが見つかった!返納しに行こう」
 
 トミー「俺も返納すんの忘れてるしお返しをしに行こう」

嫁の母親の症状もだいぶ落ち着き、3人で清水寺に行く事になったのです。

自分はトラックで病院や老人ホームに配送の仕事をしているので交通安全のお守りを返納し、新しいお守りが欲しかったのもあるんだが。


清水寺に到着し桜の写真を何枚か撮影し中へ入る。

目的は返納だが東北地震の義援金を入れ、手を合わせご冥福を祈る。

今なお問題が山積みで出来る事なら何か役に立てないか?と、日々、自問自答している。
合唱しているときはちょうど関係者が経をよんでおられ、無宗派で育った自分にはよくわからないのが現実なんだけど、何故か時間を使い、ただご冥福を祈る。

そしてお守りを返納し新しくお守りを頂き普段はとうていやらないがおみくじを引いてみたり・・・

結構ながく清水寺にいたが夕方からトミーには用事があり、八坂神社を見て電車に乗るため四条通りへ。
すると警察のアドレスが2台、相当な焦りで自分のすぐ右の車道を走っていったのを皮切りに
レスキューやパトカーが次々に追い抜いて行く。

すぐ目の前で警察が車道を通行止めにしたのでドライバー職な自分はすぐに死亡事故かな?と。

だけど状況はひどいものだった。

まだ自分達の時は事が起こってから時間があまりたっておらず
交差点内はニュースで見るより閑散していながら
とにかく現場はパニックだった。
先着したレスキューによる心肺蘇生があちこちで見られた。

歩行者信号1回待つ間に次々に救助隊員が到着し、自分達は現場を直視できないでいたが
すぐ近くに乳母車を押す若い女性が、人だかりから脱出できない様子だったので
人をかきわけながらその女性を先導して現場から離れる事で正気を保った。

涙が止まらなかった。自分達、全員。

情報が錯乱しネットでは色んな意見が乱れ飛ぶが
ただ、ご冥福をお祈りします。自分のできる事の無さが悔しい。

                                      4/12 トミー

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【お守りを返しに行ってきた】

まずは本日、京都、四条通りの一件で亡くなられた方達に心よりご冥福をお祈りします。色んな意見が飛び交う中、実際に現場にいた自分達にはこれ以外の言葉が見つからない。今日は嫁...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。